3Dのパースにて、リフォームの完成図を表現

3Dのパースとは?

例えば、新築で家を建てる際、家の中を体感できるものとしてモデルハウスがありますよね?
モデルハウスである程度イメージを体感してみると、「私だったらもっとここをこうしたい!ああしたい!」と要望も出てくるものです。

それに対し、リフォームの場合、完成するまではリフォーム後の部屋の中を体感することもイメージすることも、できないものです。
さらに、リフォーム後をビジュアルとしてみることができないため「私だったらこうしたい!」という要望も、なかなか浮かんでこないものです。

そこで登場するのが3Dのパースです。
アドバイザーが具体的に要望をお伺いし、それを直ぐに、目の前のディスプレイやノートパソコンの中で見せてもらうため、お客様側から要望が出てくる上に、 打ち合わせもスムーズに進みます。

<<3Dのパース画像>>
  <<リフォーム後実際の部屋>>

3Dのパースの進め方

雑誌やカタログ、施工写真を見ながら 「こんなのいいな」を探していきます。   カタログで見るのと、実際のイメージの 違いをなくすために、リフォーム後を確認!   リフォーム後のイメージを画面で確認して、 色や配置の「そんな感じ!」を発見!

3Dのパースはどこでできるの?

住まいの試着は、草原住宅でもちろんできます!!
方法は簡単です。

ご相談窓口のページより「3Dパース希望」と送信してください。

その際に、図面をお持ちでしたら図面を、リフォームに対してのイメージをお持ちでしたら、雑誌の切り抜きでも、手書きの絵でもお持ちください!!
当社スタッフがあなたの3Dパースを担当させていただきます!!